双子日記(156) │ 双子グッズ(11) │ 双子リンク(6) │ 双子の工夫(15) │ 双子ニュース(84) │ 双子サークル(7) │ 双子とお出かけ(2) │ 妻の双子日記(868) │ 双子の言葉(79) │ おもしろ双子ネタ(1) │

2010年09月09日

双子、肺炎球菌ワクチン接種

双子の息子達(5歳)とお姉ちゃん(中2)を連れて、かかりつけのクリニックへ行った。

病気じゃなく、予防接種を受けるため。

お姉ちゃんは子宮頸がんのワクチン、息子達は肺炎球菌ワクチンをそれぞれ、打ってもらった。

子宮頸がんの方は、市から無料接種券を発行してもらっていたから、よかったが、肺炎球菌の方は全額実費(一人1万円ちょっと・・・)なので、お財布が泣いていた。

この肺炎球菌というのは、体内にすでにひそんでいる菌らしい。免疫力が落ちたときにひょっこりと出てきて悪さをするらしい。

実はこの3月、一号が風邪をこじらせ、気管支炎を通り越して肺炎になりかけてしまって、怖い思いをしたので、受けておこうと決心したのだ。

一応、5歳を過ぎればこの病気にはかかりにくくなるみたいなんだけど。

肺炎って子どもと年寄りしか、かからないと思っていたが、何を隠そうこの私も若かりし二十歳過ぎの頃、肺炎にかかってしまって、3泊4日の入院生活を送ったことがあるんだ〜

入院中、ハーゲンダッツのアイスを持ってお見舞いに来てくれたのが、若かりしころの父ちゃんなのさ〜(んなことはどうでもええっちゅうねん)

しかし、二号の腕が(ワクチンを接種したところ)数センチにわたって腫れているのが、気になるが、しばらく様子をみるしかないよな〜

来月はインフルエンザの予防接種・・・はあ〜出費が続く〜

posted by 一茶 at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 妻の双子日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。